• LINEで送る

頭痛の原因と解消法

当院のブログ
頭痛の原因と解消法

頭痛の中で、筋緊張性頭痛最も多いと言われています。

他に偏頭痛、群発性頭痛があります。

精神的・肉体的ストレスにより肩から首の筋肉が硬くなって血行不良になります。

そうすると筋肉が硬くなり頭痛が起こります。

これを筋緊張性頭痛といいます。

精神的ストレスが掛かると血管が収縮し筋肉が血行不良になります。

肉体的ストレスとは、

長時間の同一姿勢で首から肩、肩甲骨周りの筋肉に負担が掛かり筋肉が硬くなります。

そして筋肉が硬くなると筋肉内の毛細血管が圧迫され更に筋肉が硬くなる悪循環となります。

肉体的に負担をかけていないと思っていませんか?

重いものを持ったりしていなくてもかなり筋肉に負担をかけています。

首から肩は頭と両腕を常に支えていますので案外筋肉に負担がかかっているのです。

頭の重さはボーリングの玉くらいあります。

片腕は3キロ

頭と両腕で約10キロ位あるのです。10キロですよ!

10キロを背負っているので筋肉はどうしても凝ります。肩こりがあるのは正常なのです。

精神的ストレスはそう簡単には取り除くのは難しいと思います。

ストレス解消しましょうと言われても分かっているけど解消できれば苦労しないですよね。

しかし肉体的ストレスは本人の努力次第で解消可能です。

肉体的ストレスだけでも解消していければと思います。

筋緊張性頭痛の解消のポイントは2つ

①負担をできるだけ掛けないようにする。

一般的にいわれる良い姿勢で常にいることが大切です。

スポーツではフォームが悪いと直さなければと思いますが、

普段の姿勢に関してその意識が皆さん少ないです。

また、姿勢は今までのくせなのでそう簡単には変えれませんが少しずつ日常生活の中で良い姿勢でいる時間を作ってみて下さい。

普段の姿勢は座り方立ち方歩き方

これら全てです。座っている時だけではありません。もう一つ加えると寝方もそうです。

座り方は椅子机の高さパソコンのモニターの高さを変える必要があります。

立ち方は、の影響が大です。

寝る際の姿勢は、寝具が影響します。寝具の硬さ枕の高さが重要です。

②負担が掛かり硬くなった筋肉を柔らかくしてあげる

血行をよくすると筋肉は柔らかくなります。

マッサージ

ストレッチ

体操

入浴

①と②を両方するのが必要です。

よく「ストレッチしてるんだけど」とか「お風呂にしっかりつかっているんだけど」。。。と言う方がいますがこれだけでは足りません。

というより、①の方が大切かもしれません。

姿勢不良は無意識で今までのクセなので厄介です。負担を掛け過ぎていてはどんなにストレッチしても追いつきません。

ポイントは3点です。

普段の姿勢をよくする

肩こり・頭痛になり易い姿勢のイラスト 肩こりになる立ち方のイラスト 肩こりになり易い椅子の高さ、机の高さのイラスト

良い姿勢は首・肩の負担を少なくしますので、筋肉や関節が硬くなりにくくなります。

普段の姿勢とは座り方だけではありません。立ち方歩き方寝方も含みます。

パソコンのモニターの高さ椅子の高さ寝具も合ったものが良いです。

ストレッチ、体操をこまめにする

ストレッチ、体操は週1回の体操教室やヨガでは足りません。

毎日、低回数でいいので高頻度するのがポイントです。

肩こり・頭痛解消の為の入浴の写真
毎晩入浴して温まる

硬くなった筋肉や関節を柔らかくするために入浴も大切です。

40℃位のぬるま湯で長時間(20分間位)温まると血管が広がり血行が良くなります。

■横浜西区の当院では【肩こり・頭痛】の症状の治療を行っています。■頑固な肩こり・頭痛にはまだ馴染みが少ないですが最新治療の遠絡(えんらく)療法がご好評頂いております。

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

«
»