• LINEで送る

交通事故むちうち治療

当院のブログ
交通事故むちうち治療

むちうち治療のポイントは、

むちうちはレントゲンには異常が見つからないことが多く本人の自覚症状のみが一人歩きしてしまいます。

治療費を支払う保険会社は客観的な痛みの証明がないと治療を認めてくれません。

交通事故治療に理解のある病院の先生や治療院を選択する事がとても大切です。

具体的にどのような怪我なのかというと、

体に突然強い衝撃が加えられる事によって体に大きな負担がかかるのが原因となります。

この衝撃の強さに体が耐え切れずに、首の靱帯や筋肉、椎間板等に損傷が発生してしまうのをむちうちと言います。

むちうちになった場合に現われる症状としては、

頭痛や耳鳴り、腕から指にかけての痛みや痺れ等が挙げられます。

それ以外にも人によっては眩暈や動悸、全身の倦怠感等といった症状を訴えるケースもあります。

また、むちうちは損傷が起きた直後ではなく数時間経過してから症状が現われてくる事が多いというのが特徴の一つとなっています。

そのため交通事故等に遭った直後に症状がないからといって油断しない事が大切です。

数日経過して痛みが強くなり通院し始めても、保険会社は事故と痛みとの因果関係を問われて治療費等の保障が受けられなくなる場合があります。

事故を起こして体に不調が生じた場合は早めの診察、治療をお勧めします。

むちうちの治療方法は整形外科では

湿布、ブロック注射、飲み薬の投薬治療が中心となる場合が多いです。

必要に応じて患部の固定をする事もあります。

他にも温熱療法や整形外科では神経ブロック注射、頚椎の牽引等といった治療が効果を発揮する場合もあります。

当院では手を使ったマッサージ治療を中心に電気・ストレッチ・運動療法が中心となります。

交通事故治療に限った話ではないのですが、例えば昼飯に行く際どこでもいい人はいないと思います。

メニュー内容や料金、味付け等により少し遠い店だがつい通ってしまうと思います。

治療院・病院に関しても同じです。大まかな治療の流れ、ガイドラインは同じと思いますが、そこの治療方針(味付け)は様々です。

どこでも全く同じではないと思います。

よく話を聞いてくれるからこっちの先生の所へ行こうとか、待ち時間が少ないからこっちに行こうとか。。。

ちなみに交通事故によってむちうちが発生した場合には、相手側との間で治療費・慰謝料等の問題が関わってきます。

保険会社の対応に精通している先生の所で治療を受けるのが理想的です。

むちうちの治療に関しても交通事故治療に理解のある病院の先生や治療院を選択する事がとても大切です。

■交通事故むちうち治療について詳しくは横浜西区の当院のむちうち(交通事故治療)または横浜交通事故むちうち治療のHPをご覧下さい。

コメントを残す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

«
»