• LINEで送る

遠絡(えんらく)療法(作成中)

なんて読む?遠絡療法??なんじゃこりゃ?胡散臭いな!?

こんな印象を持ったと想像します。私もそうでした。

初耳または知人から「遠絡(えんらく)療法を聞いた」「勧められた」のだと思います。

私も友人の先生に勧められて、この遠絡療法を知りました。

期待しつつも半信半疑でセミナーに参加したのを今でも覚えてます。

て言うか今でも、

一応国家資格である柔道整復師という免許は持っていますが、

大きな病院やペインクリニック、何か所も病院を回って治らなかった・見放された患者さんを

私みたいなものが療させて頂き良くなっていくのを診ていると、

この治療の非常識さを驚いています。

いきなり結論です。

遠絡(えんらく)療法は、

どこの医療機関(病院やクリニック)医師、お医者さんがお手上げの

あなたのその辛い症状を改善させる事ができる・かも知れない・未だ馴染みのない・聞き慣れない治療法です。

全ての難治性症状が100%治せる訳ではありません。全部治せますと言ったら嘘になってしまいます。

ただし、

この遠絡療法は、

従来の発想に無い独自な考え・アプローチの仕方なので、

もう諦めていたその症状を改善させる

新たな可能性を切りひらく画期的な治療法です!!

理解不能と思いますが、

「生命の治療」をすることで、生命力を高めて治していくのです。

数か月~何年もずーっと治らない症状は、「脳」や「脊髄」が原因のことが多いので、これらの部分にアプローチして行くのです!アプローチできる術がこの遠絡療法にはあるのです。

独自の考え方と言っても、

ちゃんとお医者さんが考え出したものです。

遠絡(えんらく)療法は、

日本以外に台湾や香港の医療機関、お医者さんや病院にて使われています。

日本でも、

この遠絡療法を学ばれた、西洋医学だけでは行き詰まりを感じる

麻酔科や内科や整形外科、循環器科の医者、医師と歯医者さんが、

各医療機関のクリニックや医院、病院、大学病院で遠絡療法を使い治療されています。実施している医療機関数は未だ未だ少ないですが。

日本ではこの治療が浸透していないので一般の方は知らない人が99%と思います。

医者や医師、先生も知らないと思います。ごくごくごく僅かな先生しか知らないです。

横浜を中心として川崎・神奈川・東京・千葉・埼玉でも数少ない医療機関・クリニック・病院・整骨院等でしかこの遠絡はやっていないと思います。

今までの
医療
西洋医学
東洋医学
医師
病院
医院
大学病院
クリニック
ペインクリニック
整体院
カイロ
オステオパシー

お灸
漢方薬

マッサージ

などなどで

改善出来なかったあなたのその症状を改善させる可能性のある画期的な治療法なのです。

鹿児島大学を卒業された柯尚志(こうしょうし)医師が独自に考案した治療法です。

台湾では、
2004年からセミナーを開催しており、
台湾・シンガポール・マレーシア・アメリカ・香港・日本の医者や針灸師、理学療法士などの先生が
勉強しています。

日本でも以前、
午後は○○おもいっきりテレビでも
実演・紹介されたらしいです。

対象となる症状・病名

今までの西洋医学、医療、病院、医院、クリニック、医師、お医者さんが手放した。行き詰まっている。

原因不明の症状。

ありふれた病名ではあるが、病院では何年間も経過観察。

大学病院などの大きな病院で診てもらっても特に治療法なし。

難治性で、治療方法が無いと病院や大学病院で説明された。

症状が悪くなったら、手術とお医者さんに説明された。

薬を漫然と何年間も飲み続けている、副作用が心配、薬の量を減らせたら減らしたい。

東洋医学、鍼、お灸を試みている。

どんなやり方で治療するの?

簡単に説明すると、

「レーザー治療機」と「押し棒」を使い治療します。

ベットに仰向けに寝てもらいます。

そして、

鼻の下からおへそ位までの治療ポイントにレーザーを当てます。

次に、

専用の棒を使い手の平や土踏まずら辺の治療ポイントを押して刺激します。

棒は直径5㎜位長さはボールペン位の長さです。

治療時間は、1時間位掛かります。

こんな感じです。

詳しくは遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

料金

健康保険適応ではありません。自費治療となります。

患者さんの声

遠絡(えんらく)療法 患者さまの声をご覧下さい。