• LINEで送る

横浜で【腰椎分離症】の治療をお探しなら

横浜の当治療院では、腰椎分離症のお悩みを抱える患者様のために、

ひとりひとりに合わせた腰椎分離症の治療を行っております。

痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

※※病院や治療院で「腰椎分離症」を治療されている方で、中々症状が軽減しない・なんとかしたい方は、「遠絡(えんらく)療法」をおすすめします!(自費治療となります)

【ご好評を頂いている】腰椎分離症の治療法‼

●腰痛病院・整形外科で、

「椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」「分離すべり症」「脊柱管狭窄症」「坐骨神経痛」と診断された

●病院でぎっくり腰と診断されたがなかなか痛みが引かない

●長年の腰痛

●足の痺れ

●腰痛治療を色々試しているが、あまり変化がない

腰痛治療の遠絡(えんらく)療法の写真

上記の様な腰痛を抱え、病院や他の治療院で痛み止めや牽引や電気治療・マッサージ治療であまり効果が無かった方には

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法の「遠絡(えんらく)療法」が好評頂いております。

東洋医学では病名にこだわらず治療をしますので、上記以外の腰痛全般に対応します。

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい治療法です。

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

遠絡(えんらく)療法について詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

「腰椎分離症」とは

腰椎分離症の原因の野球のバッテイングの写真

10代の成長期の子供で腰を反らす・捻る動作が多いスポーツをする人で腰痛がある場合は

腰椎分離症」という

腰骨の「疲労骨折」を起こしている可能性がありますので注意が必要です。

「腰椎分離症」の初期の症状は、

お医者さんでもレントゲンで判断困難です。

レントゲンで明らかな分離が確認できると骨が癒合しない状態まで悪化している事になります。

腰椎分離症のイラスト

腰椎を横から見たイラストで、

3つ並んでいる腰椎のうち真ん中のイラストの赤くなっている箇所が

「疲労骨折」を起こしている「腰椎分離症」のイラストです。

(左端は正常な腰椎です。

右端のイラストで、赤い箇所で腰椎が前方へずれて「分離すべり症」という状態に進行している状態です)

腰椎分離症」すなわち「疲労骨折」になると

運動を中止しコルセットで3か月間の固定が必要となります。

成長期のスポーツしている子で腰を反らすと痛い腰痛は

「腰椎分離症予備軍」と考え注意が必要です。一旦運動量を減らす・中止するのが賢明です。

「腰椎分離症」の痛みの特徴

腰椎分離症の腰を反らすと痛い体勢の写真

●第五腰椎に多く、運動中・運動後の腰痛

●「前屈み」と「腰を反らした時」に腰の痛みがあり「特に反らす時」の腰痛が特徴的です。

脚の痺れはありません。

(腰椎ヘルニアは、前屈み時の痛みと脚に掛けての痺れが特徴的です)

●サッカー・水泳・野球・テニス・体操など

「体を反らす・捻る動作」が多いスポーツに多いです。

腰椎分離症の原因の腰を反り捻じるサッカーのボールを蹴る写真

右の写真では

サッカーのボールを蹴る時は、腰が反り捻られるのが分かると思います。

体を反らす・捻り動作を繰り返していると、

「椎間板」にも負担が掛かり水分量が少なくなり変性を起こし、

椎間板が硬くなりクッション性がなくなると同時に更に、

腰椎に負担が掛かり「腰椎分離症」を発症しやすくなります。

「椎間板」について説明します

椎間板のイラスト図

「椎間板」は「首から腰の背骨に至るまでの背骨と背骨の間」に存在しています。

骨より柔らかい組織で、腰のクッション材となっています。

右のイラストでピンク色の部分です。

この「椎間板」は水分を多く含んでおり生まれた時は90%以上水分を含んでいますが、

加齢と共に減少し80代では水分量が50%以下に減少します。

遺伝的に、若い頃から椎間板の水分量が少ない人もいます。

椎間板ヘルニアのイラスト図

右のイラストでは

水色の部分が椎間板となりますが潰れてしまい、

背骨の中を通っている脊髄を圧迫してしまいます。

(イラストで赤くなっている所で脊髄が圧迫させています)

椎間板の水分量が少ないとクッション性が劣り、

「腰椎分離症」をはじめとした「腰痛」の原因にもなります。

椎間板が変性しているMRI画像

右のMRI画像で、

骨と骨の間の饅頭の様な白く映っている部分が椎間板ですが、

椎間板は本来水分量が多いと白く映ります。

腰椎の下の方の椎間板は黒く映っています。

これは水分量が少ないのを表しています。

椎間板の柔軟性が低下(すなわち水分量が減少してクッション性に劣る)している事を椎間板「変性」と言いますが、

変性している人が10代で5%います。

20代になると3割位の方が変性しています。

年齢と共に水分量が減少し70代以上になると、

8割以上の方に変性がみられます。

年齢と共に椎間板(クッション材)が硬くなっていきます。

「椎間板の変性」を促進させる要因

加齢・肥満・喫煙・重労働・スポーツ・高脂血症・糖尿病・動脈硬化があります。

そして遺伝的な要素も変性を促進させます。

日本代表レベルの水泳選手では68%の選手が椎間板変性を起こしています。

上記変性促進因子に加え、

運動量が多く腰に負担を掛けていると変性しやすくなります。

野球・競泳・バスケットボール・陸上ではL5/S1次いでL4/5の椎間板の変性が多く、

サッカーではL4/5に多く次いでL5/S1に多いです。

腰は本来「ほとんど捻れない」関節構造をしています

腰全体で捻れる角度はなんと5°位です。

スポーツで腰を捻っていると、そのうち腰を傷める可能性があります。

スポーツ現場で監督やコーチに「もっと腰を捻れ」と指導されていないと思いますが、

そもそも腰はほとんど捻れない関節構造をしています。

体を捻る為に腰は本来ほとんど関与していません。

体を捻る動作が出来るのは、

「股関節」と「胸椎」が本来は関与します。

捻る際は「股間節」や「胸椎」を意識して捻り、腰は捻らない様に「固定・安定」させて運動をする必要があるのですが。。。

腰をフリーな状態で捻り動作を繰り返していると、

腰椎に負担が掛かり、そのうち疲労骨折へと移行する可能性が強くなります。

この辺の関節構造をしっかりと理解しているスポーツ指導者に習っている事を願います。

「腰椎分離症」の治療

腰椎分離症で腰が痛いがバスケットボールをしている学生の写真

1回の外力が掛かり疲労骨折になる訳ではないので、

「腰椎分離症」は予防が出来るはずですが、

腰痛があっても運動を中止するレベルの痛みではない為、そのままスポーツを続けてしまいます。

しかし疲労骨折になってからでは手遅れです。

「腰椎分離症」になってしまったものは、コルセットをして安静にすることです。

コルセット処方は、治療といえば治療ですが後の祭りです。

疑いがあれば、「腰椎分離症予備軍」と考えて治療(予防)をする事が賢明です。



繰り返しますが腰椎分離症の根本治療は予防です。

腰回りの筋肉を鍛えて腰椎を安定させ、

日頃から疲労回復に努めマッサージ・ストレッチ・アイシングをする事が重要です。

腰に炎症がある場合は、

炎症を引かせる特殊な電気治療・アイシング・テーピング・骨盤の調整を施します。

炎症が無い場合は、

温熱療法・筋肉や関節を柔らかくする電気治療・マッサージ・ストレッチ・腰痛体操・骨盤の調整を施します。

当院の骨盤矯正はソフトな力で行いますのでご安心下さい。

決して強い力でバキバキする治療ではありません。

【ご好評を頂いている】腰椎分離症の治療法‼

●腰痛病院・整形外科で、

「椎間板ヘルニア」「腰椎分離症」「分離すべり症」「脊柱管狭窄症」「坐骨神経痛」と診断された

●病院でぎっくり腰と診断されたがなかなか痛みが引かない

●長年の腰痛

●足の痺れ

●腰痛治療を色々試しているが、あまり変化がない

腰痛治療の遠絡(えんらく)療法の写真

上記の様な腰痛を抱え、病院や他の治療院で痛み止めや牽引や電気治療・マッサージ治療であまり効果が無かった方には

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法の「遠絡(えんらく)療法」が好評頂いております。

東洋医学では病名にこだわらず治療をしますので、上記以外の腰痛全般に対応します。

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい治療法です。

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

遠絡(えんらく)療法について詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

腰回りのコルセット筋を鍛えましょう!

腰を反る・捻る動作の繰り返しで腰椎の不安定性が増し、

腰椎の疲労骨折を起こしますので、

腰回りのコルセット筋を鍛えて腰を固定・安定させておく必要があります。

右下の写真にある様な体幹の筋トレが有効ですが、

写真にある様な体勢をとる必要はありません。

各患者様が出来る範囲での筋トレをして貰えれば結構です。

筋トレの目的は、その患者さまが鍛えたい箇所の筋肉に刺激を入れる事です。

ですから、筋トレの動作が完全に出来なくても構わないのです!

ここら辺の筋トレのポイントも来院した際はお伝え致します。

写真のようなコアトレーニングが有効です。

腰椎分離症の予防の多裂筋の筋トレ風景

右のブリッジしている様な体勢は、

「多裂筋」という腰椎のキワにある筋肉が鍛えられ、腰椎を安定さるのに必要となる筋肉が鍛えられます。

この体勢をキープするだけです。

1分~キープして下さい。

結構きついと思います。

腰椎分離症の予防の腹横筋の筋トレ風景

肘を突いている体勢では、

「腹横筋」という横っ腹の筋肉が鍛えられますので腰のコルセットの役目となる筋肉です。

このトレーニングもこの体勢をキープするだけです。

同様に1分~キープして下さい。

結構きついと思います。

※「腹横筋」は横っ腹が鍛えられますので、ウエストが細くなる効果があります!

腰椎分離症の予防の腹筋の筋トレ風景

一般的な上体を起こす腹筋は骨盤の傾斜を改善してくれるので

一般的な腹筋と併せて、「多裂筋」と「腹横筋」も鍛える必要があります。

猫背・反り腰も腰に負担を掛けます

骨盤に付着する筋肉の緊張が強いと骨盤の傾斜に影響を与え、

猫背や反り腰となるので、骨盤の傾斜に関与する筋肉も緩める必要があります。

腹直筋・ハムスト・大腿四頭筋・背筋をマッサージやストレッチで緩める必要があります。

体にはたくさん関節がありますが、肝心要の関節は何処だと思いますか?

当院ではこの関節の微妙な調整を行います。

骨盤の後ろの仙腸(せんちょう)関節という所で左右にあります。

右の写真の赤くなっている部分を「仙骨」といい左右の骨盤部分の骨を「腸骨」といいます。

仙骨と腸骨の境い目(関節)で「仙腸関節」といい体の動きの大元(中心)となる所で

とても大切な関節ですが、一般の人は普段意識する事がない関節です。

骨盤が歪むとよくいいますが、

正確にはこの「仙腸関節」が「ずれて引っかかっている」状態の事を言います。

骨盤の骨は硬いので飴細工のようにグヤッと歪む訳はありません。

この関節がずれた状態で動かなくなることで、骨盤全体が歪んでいる感じがするのです。

腰痛の方は骨盤に歪みがあるケースが多く、

この仙腸関節は姿勢不良により固まってしまいます。

この歪みをしっかりと取り除くと腰椎に掛かる負担が軽減されますので「腰椎分離症」や「腰椎すべり症」「腰椎脊柱管狭窄症」にも効果的です。

当院では腰椎分離症以外にも「■腰痛」「■ぎっくり腰」「■坐骨神経痛」「■腰椎すべり症」「■脊柱管狭窄症」の治療も行っています。