• LINEで送る

横浜で【ぎっくり腰】の治療をお探しなら

ソファーを持ち上げようとして腰が痛いぎっくり腰になった男性の写真

横浜の当治療院では「ぎっくり腰」を起こした患者様のために、ひとりひとりに合わせた「ぎっくり腰」の治療を行っております。

痛みの感じ方・痛みが出た時の状況によって適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄 9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく
横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

当院では、健康保険を使った「ぎっくり腰治療」の他に
・症状が軽減しない
・なんとかしたいぎっくり腰 には
「遠絡(えんらく)療法」という特殊な治療法で、当院では症状の軽減を図っており【ご好評】頂いております!(遠絡療法は健康保険適応ではありません)完全予約制・自費治療となります。

ご希望であれば、お申し出下さいませ。

ぎっくり腰の症状

軽度のぎっくり腰から、動くのが困難・寝たら起き上るのが一苦労の重症のぎっくり腰まで程度は様々です。2~3日で治るものから10日以上引きずるものまであります。

腰が痛いぎっくり腰の湿布治療の写真

単純なぎっくり腰は、重症でも湿布を貼り安静にしていれば、時間と共に大抵は改善していきます。
しかし、足に掛けての痛みや痺れが出る場合や何日経っても痛みが引かない場合は、「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」、女性に多い骨粗鬆症からくる「圧迫骨折」などが潜んでいることがあります。

当院の「ぎっくり腰の治療のみ」を見たい方は■ぎっくり腰の治療法をご覧ください。

「ある特定動作で痛んだり」「何か作業をして一定時間経過した後」に痛みが出ます。
例えば、
・前屈みは出来るが反らすのが痛い・動きの途中や最後のほうで痛む
・座っているより立っている方が楽
・歩くのは出来るが、椅子に座る・立つ際に痛む
・長時間座っているとジワジワ痛んでくる など

ぎっくり腰で腰が痛い男性の写真

重症になると「常時痛+動作痛」があります。
・グキッ、バキッと傷めた瞬間をはっきりと認識できた
・安静にしていてもズキズキと痛む
・寝返りが困難
・ベットからの起き上りが困難
・痛くて動かしたくない など

ぎっくり腰の原因

臨床では、不意な何気ない動作で傷めて来院する方がほとんどです。重い物を持ち上げる時は意識しますので、案外ぎっくり腰になる頻度は少ないです。

ぎっくり腰になりやすい椅子から不意に立ち上がった動作の女性の写真

当然、重い荷物を持ち上げる、下ろす際にぎっくり腰になりますが、
・不意に椅子から立ち上がる、座る
・何気なく前の物を取ろうと手を伸ばした
・不意に軽い物を持ち上げた、引張った
・くしゃみ、咳
・不意におじぎした
・寝返りをした
等々
不意な何気ない動作でもぎっくり腰が起こります。

ぎっくり腰になろ腰が痛い瞬間のイラスト

先程まで同じ動作の繰り返しをしていたのに急にぎっくり腰が起こるので「なぜ痛めたのか?」と患者さんは不思議に思われます。

この様な事から、ぎっくり腰はドイツ語では、魔女の一撃と呼ばれるくらいです。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰の状態は、腰の背骨周りの「筋肉」や背骨の関節を包んでいる「膜」や腰骨の「関節部分」「椎間板」(背骨と背骨の間にあるクッション材)キズが出来てしまったものです。

キズが出来ると炎症が出ますので、鋭い痛みが発生します。動かしたり、座り方・立ち方の荷重の仕方で腰の部分に体重が掛かると、痛みを伴います。

出来るだけ腰に負担が掛からない体勢になり、安静にしておくことでキズ口の修復が早まります。キズ口を動かしてしまうとふさがりにくくなってしまいます。

腰が痛いぎっくり腰の良い横向きに寝るイメージ写真

一般的には、痛い方を上にして横向きで膝を軽く曲げて横になる体勢でいるのが、腰に掛かる負担が少ないです。

安静と同時に患部を氷嚢などを用い冷やして炎症を引かせると更に良いです。

そもそもなぜ「ぎっくり腰」になるのか?

ぎっくり腰は、痛めた動作の割に痛みが強くこれといった自覚がなく発症するので不意を突かれますが、腰の背骨の関節や腰回りの筋肉が硬い方に発生し易いです。

ぎっくり腰になり易い体が硬い人の写真

腰痛の自覚症状がぎっくり腰になる前まで全く無かった人もぎっくり腰になる場合があります。

普段腰痛を感じていなかったので不意打ちをくらう事になるので、「まさか自分が腰を痛めるとは」と感じてしまします。

腰の筋肉と関節の硬さに自覚がない人が多いです。硬いままで何年も過ごしているその硬い状態が普通になってしまい、痛みを感じなくなってしまいます。

ぎっくり腰になりやすい腰への負担のイメージ

毎日の生活・仕事で現代人は皆知らず知らずのうちに腰に負担が掛かってしまっています。

よほどしっかりとストレッチや体操を毎日しっかりとしていない限り、腰回りの筋肉や関節が多かれ少なかれ誰しも硬くなっています。

硬さが多少あっても、痛みが出る硬さの境界を越えなければ、腰痛を感じずに生活出来てしまいます。

椎間板の変性しているイメージ写真

右のイラストで背骨と背骨の間に椎間板というクッション材があります。白い部分です。

加齢や運動のし過ぎによりこのクッション材の水分が減少してしまうので、椎間板(クッション材)が硬くなってしまい、腰の関節や腰回りの筋肉に掛かる負担が大きくなってしまいます。

日頃の生活での軽微な負担の積み重ねにより椎間板の水分量が減ってしまっていたり、筋肉や関節が硬くなってしまっている状態において、長時間の同一姿勢・疲労・ストレス・冷え・寒さ・力の入れ具合・動かすタイミングの悪さ等の要因が重なり合う事で、ぎっくり腰を引き起こしてしまいます。

小学生低学年位までの子供のぎっくり腰を一度も見たことありません。子供は比較的体が柔らかい、椎間板の水分量が多いのでぎっくり腰にはなりにくいと思われます。

ぎっくり腰を再発する人がいます。一度ぎっくり腰を起こすと、キズ口が塞がった筋肉や靭帯(腰椎を繋いでいるゴムバンド)は更に硬くなってしまう性質がありますので、負担がそこに掛かりやすくなり、硬さが蓄積し、慢性腰痛に移行し、ぎっくり腰を再発しやすくまります。

ぎっくり腰の兆候

ぎっくり腰になりそうな違和感を腰に感じている女性の写真

腰や脚の疲労感を感じ違和感があった人もいると思います。知らず知らずのうちに腰の筋肉や関節の硬さが増していて、不意に体を動かした際にうまく伸びちじみせずに、筋肉や関節を痛めてしまう事があります。

ぎっくり腰の治療法

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院でのぎっくり腰のアイシング治療の写真

ぎっくり腰の激痛の痛みは炎症が原因の為、患部をしっかりと冷やす事が必要です。

横になり安静を保ちアイシングをしていれば、炎症が引き痛みが落ち着き激痛は何日かすれば収まってきます。

しかし、現代人は家事や会社や学校・部活を休めない事が多く、横になり安静にする時間がない人が多いと思います。

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院でのぎっくり腰の骨盤矯正の治療写真

ぎっくり腰の痛みが出ている部分は、炎症を起こしているため患部への直接の施術は最小限にします。

炎症を早く引かせる電気治療を施し、
骨盤調整・患部の負担を減らす為のテーピング処置・周辺の筋肉を和らげる骨格のバランスを整えていくことで、腰に掛かる負担を間接的に減らし炎症を取り除いていきます。

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院でぎっくり腰のマッサージ治療の写真

激痛が引いた後の痛みは、筋肉や靭帯の硬さが残っており、これが残りの痛みの原因です。

患部の炎症が引いている場合は、腰周辺の筋肉・靭帯(バンド)の硬さを取り除くために温熱療法・筋肉を柔らかくする電気治療・マッサージ治療を行います。

股関節の柔軟性、足全体の筋肉の柔軟性も大切です。自宅での腰痛のストレッチ・腰痛体操を指導させて頂きます。

当院の骨盤矯正は、強い力でバキバキする治療ではありません。ソフトな力で行いますのでご安心下さい。

ぎっくり腰の治療において、重要な関節は何処でしょうか?

骨盤のイラスト写真骨盤の模型の写真

当院ではこの関節の微妙な調整を行います。

骨盤の後ろに「仙腸(せんちょう)関節」という関節があります。右図で、赤くなっている部分を「仙骨」といい左右の骨盤部分の骨を「腸骨」といいます。

仙骨と腸骨の境い目(関節)で「仙腸関節」といいます。体の動きの大元(中心)となる大切な関節なのですが、全くといっていい程知られていません。

「骨盤が歪む」とよく言われますが、正確にはこの「仙腸関節」が「ずれる・引っかかっている」状態の事を言います。骨は硬いので、飴細工のようにグヤッと歪む訳はありません。

この関節がずれて動かなくなることで、骨盤全体が歪んでいる感じがするのです。ずれると言っても1~1.5㎜位です。

腰痛の方は骨盤に歪みがあるケースが多く、その歪みをしっかりと取り除いていくことが大切なのです。この仙腸関節は、長年の姿勢不良によりずれて固まってしまいます。

【ご好評】を頂いているぎっくり腰の治療法‼

●痛すぎて何とかしたいぎっくり腰
●他の治療院で痛み止めや牽引や電気治療・マッサージ治療をしているがあまり効果が無かった方

上記の様なぎっくり腰で、病院や他の治療院での治療をしているが治りが悪いぎっくり腰の方には、

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法「遠絡(えんらく)療法」が【好評】頂いております。完全予約・自費治療となります。

ぎっくり腰の遠絡(えんらく)療法で治療している女性の写真ぎっくり腰の遠絡(えんらく)療法で治療している男性の写真

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい治療法です。

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

ぎっくり腰の症状が遠絡(えんらく)療法で改善するイメージ

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

遠絡(えんらく)療法について興味のある方は詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

当院では「ぎっくり腰」以外の「■腰痛」「■腰のヘルニア」「■腰椎分離症」「■腰椎すべり症」「■脊柱管狭窄症」「■坐骨神経痛」の治療もしております。

腰痛で腰を痛がる女性の写真■腰痛・腰の重み・動かすと痛い・椅子からの立ち上がり等で痛い

腰のヘルニアのイラスト図■腰のヘルニア



■腰椎分離症




■腰椎すべり症



■脊柱管狭窄症



坐骨神経痛の神経の走行イメージ写真■坐骨神経痛・腰から臀部・脚の痛み・痺れ

横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る