• LINEで送る

横浜で【腰痛治療】をお探しなら

腰痛で腰を痛がる女性の写真

横浜の当治療院では、腰痛のお悩みを抱える患者様のために、ひとりひとりに合わせた腰痛治療を行っております。
痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

当院では、健康保険での腰痛治療の他に
・中々症状が軽減しない
・なんとかしたい腰痛 には
「遠絡(えんらく)療法」という特殊な治療法で、症状の軽減を図っており【ご好評】頂いております!(遠絡療法は健康保険適応ではありません)完全予約制・自費治療となります。

ご希望であれば、お申し出下さいませ。

腰痛の症状

「腰からお尻・脚」にかけての症状が中心です。
「常に腰が痛い・重い・違和感」
「ある特定動作での痛み」
「朝起きがけ、または夕方に特に痛む」
「太もも・お尻が痺れる」 など。

当院の「腰痛治療のみ」を見たい方は■腰痛治療をご覧ください。

腰痛の種類

腰痛と一言で言いますが、病名は様々。
代表的のものは以下のものがあります。

「腰椎ヘルニア」は、遺伝的な要素が原因の場合がありますが、
「その他腰痛」は、加齢・オーバーユース(使いすぎ)が腰痛の一番の原因です。

腰痛の原因の2足歩行のイラスト

オーバーユース(使いすぎ)と言っても肉体労働を指すのではなく、
動物と違いヒトは二足歩行なので、
必然的に上半身の重さがどうしても腰に掛かってしまうので腰痛は多くの方が経験します。

10代は腰椎分離症・腰椎ヘルニア

腰椎分離症

→背骨の疲労骨折(成長期で体を反らす捻る動作が多いスポーツ(サッカー・水泳・バトミントン・野球)をする子に多い)

10代後半から40代はぎっくり腰・筋筋膜性腰痛・腰椎ヘルニアが多いです

ぎっくり腰

→重いものを持った時だけでなく不意なちょっとした動作でも起こります

腰痛患者のレントゲン写真を見ている医師
筋筋膜性腰痛

→筋疲労からのもの

腰椎ヘルニア

→腰の椎間板が飛び出て神経に触り脚が痺れる

精神的なもの

→仕事・家庭におけるストレスから

それ以降は変形性腰椎症・腰椎すべり症・腰部脊柱管狭窄症・骨粗しょう症となります

変形性腰椎症

→腰の骨が変形して潰れる

腰椎すべり症

→分離症が進行しずれてしまったもの

腰部脊柱管狭窄症

→背骨の神経が通るトンネルが狭くなり脊髄(神経)を圧迫し、歩行時の脚の痛み・歩行困難

骨粗しょう症

→骨がスカスカとなり腰骨が潰れる

その他

圧迫骨折

→尻もちを突いた、重いものを持った瞬間など。

骨粗しょう症の方は不意なちょっとした動作でも生じます

内科的・婦人科疾患

→腹部大動脈疾患、腎泌尿器科疾患、膵疾患、消化管、骨盤内疾患など

腰痛治療の可能性

腰痛のレントゲン写真を見ている医師の写真

腰痛は画像上の異常と実際の痛みが「一致する場合」と「一致しない場合」があります。

1.画像上異常あり、腰痛ある場合
2.画像上異常なく、腰痛ある場合
3.画像上異常あり、腰痛ない場合

腰痛の不思議な所は、2と3の「画像上異常なくても腰痛があったり」、「画像上異常があっても腰痛が無かったり」する点です。

腰痛治療において「器質的な問題」と「機能上の問題」の2つに分ける必要があります

「器質的な問題」とは形の異常です

腰痛のレントゲン写真

二足歩行・加齢・オーバーユースにより腰は負担が掛かり摩耗し変形しやすい部分です。

骨が潰れている・関節が摩耗している・椎間板が潰れている。

「1の画像上異常あり、腰痛ある場合」で、レントゲン等の画像で高度に変形が進んでしまっているものは手術も考えないといけません。

しかし、当院の特殊な遠絡(えんらく)療法は、手術適応の症状も改善させる可能性がある治療法です。

興味のある方は、■遠絡(えんらく)療法で【頑固な痛み・症状】を解消‼をご覧下さい。

「機能上の問題」とは柔軟性・筋力です

腰痛になりにくい体が柔らかい人の写真

柔軟性・筋力はレントゲンを撮っても分かりません。

「2の画像上異常なく、腰痛ある場合」はこの可能性が考えられます。

背骨の前弯と後弯のイメージ写真

柔軟性とは背骨はたわんだ方が、腰への負担を減らします。

釣竿がたわむみ、力を逃がすのと同じです。腰椎は「少し前に反っている」のが正常です。反っていた方が、眼鏡橋と同じで、力を分散させてくれます。

そして、腰回りの筋力で「腰椎を生理的な湾曲(カーブ)」をキープしておく必要があります。

腰痛予防の腹直筋のイラスト 腰痛予防の腹横筋のイラスト

腰椎は上半身と下半身をつなぐ為、不安定かつ負担がかかる部分です。

よって腹筋(腹直筋・腹横筋)でカバーし、腰全体を安定させる必要があります。

更に腰椎は、多裂筋で安定させるのが効果的です。

一般的に背筋をする際に鍛えられる脊柱起立筋は、腰を安定させるには非効率でお勧めしません。

腰痛の人の炎症のイメージ

骨の変形や腰椎ヘルニアは、一般的に元には戻らないと言われていますが、臨床では腰に炎症があると痛みが出ます。

炎症が引けば、腰の変形などの異常があっても痛みが出ない事があります。

臨床上画像の異常と実際の痛みは一致しない事があり、「3の画像上異常あり、腰痛ない場合」です。

つまり、局所的な炎症を引かせれば、痛みやしびれを改善することは可能です。

そして筋肉と関節が固ければ、無理な力が掛かり炎症が出やすく再発します。

よって筋肉と関節の柔軟性を出していき、腰に無理な力が掛からないようにして、

腰回りの筋肉を鍛えて腰を安定させていく事が、腰痛治療のポイントとなります。

腰痛治療と合わせて改善すべき生活習慣

腰のヘルニアと数年前に診断された方へ

腰のヘルニアのイラスト図

ヘルニアと診断されてからその間ずっと腰痛がありましたか?

痛くない期間もあったのではないでしょうか?

ヘルニアとは、椎間板というクッション材に裂け目が出来てこの裂け目から髄核と言われるものがはみ出して神経を圧迫します。

ちょうど饅頭の皮からあんこが出てくるようなイメージです。

しかし、この出たあんこは元には戻りません。つまり痛くない期間もあんこは出たままだったはずです。
(程よい量がはみ出た場合は、ヘルニア(あんこ)が自然縮小する症例もあります)ヘルニアについては、詳しくは「■腰のヘルニア」をご覧ください。

当院の腰痛治療

当整骨院では、器質的に変形がある無しに限らず、腰に炎症がある場合は、
炎症を引かせる電気治療やテーピング・骨盤の調整をします。

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の腰痛のアイシング治療写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の腰痛の骨盤強制の治療の写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腰痛のテーピング治療の写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腰痛の湿布治療の写真

炎症が無い場合は、
腰周辺の筋肉の硬さから症状が出ますので、温熱治療・筋肉や関節を柔らかくする電気治療・マッサージ・骨盤の調整を行います。

当院の骨盤矯正は、強い力でバキバキする治療ではなく、ソフトな力で行いますのでご安心下さい。

腰の筋肉のマッサージを中心に、臀部のマッサージ。

そして、腰痛のストレッチ・腰痛体操。筋トレ指導となります。

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腰痛のマッサージ治療の写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腰痛の関節強制の写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腰痛ストレッチ治療の写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腰痛ストレッチの治療の写真

【ご好評】頂いている頑固な腰痛の治療法‼

●腰痛病院・整形外科で
「椎間板ヘルニア」「分離すべり症」「脊柱管狭窄症」「坐骨神経痛」と診断された
●病院でぎっくり腰と診断されたがなかなか痛みが引かない
●長年の腰痛
●足の痺れ
●腰痛治療を色々試しているが、あまり変化がない
腰痛治療の遠絡(えんらく)療法の写真腰痛治療の遠絡(えんらく)療法の写真

上記の様な腰痛を抱え、病院や他の治療院で痛み止めや牽引や電気治療・マッサージ治療であまり効果が無かった方には

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法の「遠絡(えんらく)療法」が【好評】頂いております。(自費治療となります)

東洋医学では病名にこだわらず治療をしますので、上記以外の腰痛全般に対応します。

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい治療法です。

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

腰痛治療に効果的な遠絡(えんらく)療法の治療イメージ

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

遠絡(えんらく)療法について興味のある方は詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

腰痛には、腰回りのコルセット筋を鍛えましょう!

右下の写真にある様な体幹の筋トレが効果的です。

各患者様が、出来る範囲での筋トレをして貰えれば結構です。

筋トレの目的は、その患者さまが鍛えたい箇所の筋肉に刺激を入れる事です。

ですから、筋トレの動作が完全に出来なくても構わないのです!

ここら辺の筋トレのポイントも来院した際は、お伝え致します。

腰痛の予防の多裂筋の筋トレ風景

右のブリッジしている様な体勢は、「多裂筋」という腰椎のキワにある筋肉が鍛えられ腰椎を安定させのに要となる筋肉が鍛えられます。

この体勢をキープするだけです。

1分~キープして下さい。結構きついと思います。

腰痛の予防の腹横筋の筋トレ風景

肘を突いている体勢では、

「腹横筋」という横っ腹の筋肉が鍛えられますので腰のコルセットの役目となる筋肉です。

このトレーニングもこの体勢をキープするだけです。

同様に1分~キープして下さい。結構きついと思います。

※「腹横筋」は横っ腹が鍛えられますので、ウエストが細くなる効果があります!

腰椎分離症の予防の腹筋の筋トレ風景

一般的な上体を起こす腹筋は骨盤の傾斜を改善してくれるので一般的な腹筋と併せて、多裂筋と腹横筋も鍛える必要があります。

猫背・反り腰も腰に負担を掛けます

骨盤に付着する筋肉の緊張が強いと骨盤の傾斜に影響を与え、

猫背や反り腰となるので、骨盤の傾斜に関与する筋肉も緩める必要があります。

腹直筋(お腹)・ハムスト(太ももの後ろ)・大腿四頭筋(太ももも前)・背筋をマッサージやストレッチで緩める必要もあります。

腰痛の治療において、重要な関節は何処でしょうか?

骨盤のイラスト写真骨盤の模型の写真

当院ではこの関節の微妙な調整を行います。

骨盤の後ろに「仙腸(せんちょう)関節」という関節があります。右図で、赤くなっている部分を「仙骨」といい左右の骨盤部分の骨を「腸骨」といいます。

仙骨と腸骨の境い目(関節)で「仙腸関節」といいます。体の動きの大元(中心)となる大切な関節なのですが、全くといっていい程知られていません。

「骨盤が歪む」とよく言われますが、正確にはこの「仙腸関節」が「ずれる・引っかかっている」状態の事を言います。骨は硬いので、飴細工のようにグヤッと歪む訳はありません。

この関節がずれて動かなくなることで、骨盤全体が歪んでいる感じがするのです。ずれると言っても1~1.5㎜位です。

腰痛の方は骨盤に歪みがあるケースが多く、その歪みをしっかりと取り除いていくことが大切なのです。この仙腸関節は、長年の姿勢不良によりずれて固まってしまいます。

当院では腰痛以外の「■ぎっくり腰」「■腰椎分離症」「■腰椎すべり症」「■脊柱管狭窄症」「■坐骨神経痛」の症状も治療しています。

ソファーを持ち上げようとしてぎっくり腰になった男性の写真■ぎっくり腰・重い物を持って・不意な動作でギックとなった

腰のヘルニアのイラスト図■腰のヘルニア



■腰椎分離症




腰椎すべり症のレントゲン写真■腰椎すべり症



■脊柱管狭窄症



坐骨神経痛の神経の走行イメージ写真■坐骨神経痛・腰から臀部・脚の痛み・痺れ

横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ




横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ



■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る