• LINEで送る

横浜で【変形性膝関節症】治療をお探しなら

変形性膝関節症で膝が痛い女性の写真

横浜の当治療院では変形性膝関節症で、何処へ行っても痛みが引かない患者様のために変形性膝関節症の一般的な治療(電気・マッサージ治療)の他に特殊治療も行っております。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

改善が難しい変形性膝関節症もあります

電気治療やマッサージ、筋力強化を図っているにも関わらず、痛みの引きが悪く、
治療を施していても歯切れがよくないケースが変形性膝関節症にはあります。

手術なしで、変形性膝関節症の痛みを何とか軽くしたい!

変形性膝関節症で膝が痛い女性の写真

変形の程度が酷い変形性膝関節症は手術をするのが一番歯切れがいいです。
しかし、
「手術となるとハードルが高いし。。。」
「再生医療は値段が高いし。。。」

つまり
「手術しないで、変形性膝関節症の痛みを何とか軽くしたい!」
これが、「患者様の望むところ、本音」ではないのでしょうか?

変形性膝関節症で膝が痛い女性の写真

・病院で手術適応と言われているがしないで何とかしたい
・手術適応ではないが痛みが強い
・病院や治療院で長年保存療法を試みているにも関わらず改善しない

当院でも変形性膝関節症の治療は、電気やマッサージ治療の一般的な治療を施して良くなる方はおられます。

しかし、
電気治療やマッサージ、筋力強化を図っているにも関わらず、
痛みの引きが悪く、
治療を施していても歯切れがよくないケースが変形性膝関節症には多々あるも実際です。

横浜の治療院で変形性膝関節症の治療をしている写真

この様な頑固な変形性膝関節症の痛みには、遠絡(えんらく)療法という特殊な治療法を用い、当院では痛みの軽減を図っております。

手術適応と言われている位のかなり酷い変形の程度であったり、激痛であっても治療対象となります!(遠絡療法は健康保険適応ではありません。自費治療となります)

一般的に「変形性膝関節症」の治療は、保存療法で様子をみます

一般的に
整形外科や整骨院、治療院で変形性膝関節症の治療は、まずは保存療法(手術しないで)で様子をみます。

・電気治療
・温熱治療
・筋トレ
・マッサージ治療
・サポーター
・足底板
・湿布
・痛み止め
・コンドロイチンやコラーゲンなどのサプリメント
・ヒアルロン酸注射
・ステロイド注射

をまず行います。

変形性膝関節症で膝の手術をしているイメージ写真

・症状が改善しない
・変形が強いもの は
手術(関節鏡視下手術・高位脛骨骨切り術・人工膝関節置換術)を考慮します。

最先端の治療法として、再生医療というものがあります。費用は150万円位します。

【ご好評】頂いている「変形性膝関節症」の特殊な治療法‼

・病院で変形性膝関節症と診断され、いつまで経っても膝が痛い
・足を突く度に激痛が膝に走る
・長年に渡り、注射・投薬・電気・マッサージ治療で、経過観察して様子を診るしかない変形性膝関節症
・手術を勧められている変形性膝関節症

膝が痛い女性が遠絡(えんらく)療法で変形性膝関節症の治療をしている写真

長年続く頑固な変形性膝関節症の痛みを抱え、病院や他の治療院で痛み止めや電気治療・マッサージ治療であまり効果が無い方には、

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法「遠絡(えんらく)療法」が【好評】頂いております。(遠絡療法は健康保険適応ではありません。自費治療となります)

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、
どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい治療法です。

東洋医学では病名にこだわらず治療をしますので、変形性膝関節症以外の膝の痛み全般に対応します。鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

遠絡(えんらく)療法の治療で体の循環が良くなるイメージ

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

「変形性膝関節症」の症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

変形性膝関節症は、「腰髄と仙髄の炎症」が痛みの原因!

「腰髄?」「仙髄?」「腰が原因?」と言われると驚かれると思います。

変形性膝関節症を始めとした慢性的な膝の痛みは、
当院のこの特殊な遠絡(えんらく)療法では、膝の軟骨のすり減りや半月板が損傷したからではなく、
脊髄神経の「腰」や「骨盤部分」の部分の炎症が引かないのが原因と考えます。

脊髄のイラスト

背骨の中に脊髄神経という神経が通っています。

プロレス好きでない方でも、
「延髄切り」って聞いたことがあると思いますが、脳の後頭部の「延髄」という部分から繋がっています。

長さは「40~50cm位」太さは「約1~1.5cm」ある神経です。
「小指の太さ位」の神経です。

脊髄の障害により変形性膝関節症の痛みが発生するイラスト

腰の部分のこの神経を「腰髄」といいます。
骨盤部分のこの神経は「仙髄」といいます。

驚かれると思いますが、
変形性膝関節症の治療は、膝は一切触らずに治療をしていきます。

この腰髄と仙髄をターゲットにして治療をします。
と言っても、
腰を揉んだりマッサージする訳ではありません。

横浜の治療院で変形性膝関節症の膝の遠絡(えんらく)療法の治療をしている写真

腰と骨盤なのですが、
「お臍(おへそ)の部分」に「レーザー」を当てて、
腰髄と仙髄の炎症を引かせます

そして更に治療効果を高める為に、
「手」や「腕」や「足」や「太もも」に押し棒で刺激を加えます。
(痛い膝には一切触りません)

そうすることで、先ほど述べた「生体の流れの異常」が改善し、
膝の「血液やリンパ」の流れが改善し、
「免疫力」が高まり、
炎症が収まっていき、
変形性膝関節症の痛みの軽減が図れます。

遠絡(えんらく)療法について詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

変形性膝関節症の膝の痛み

膝の痛みで一番多い変形性膝関節症

変形性膝関節症の膝が痛い人のレントゲン写真

レントゲンで膝の軟骨が摩耗しているのが確認され、痛みが出ます。
軟骨の変形の程度は、軽いものから全く軟骨が無くなっているものまで様々です。

最初は片膝だけだったが、そのうち両膝が痛くなった。

軽い症状では、腫れぼったく感じ水が溜まります。
「台所で立っていると痛む」
「歩行時階段時の痛み・違和感」
です。

変形が重度なると、
「歩くのが痛くて痛くて困難」
「膝を少し曲げるだけで痛い」
「足を突くだけで膝に激痛が走る」
など

変形性膝関節症の一般的な治療を以下に記載します。

この様な治療や指導を試みているにも関わらず、痛みが引かず生活に支障がある症状に一般的な治療法の電気・マッサージ治療等も当院では行っておりますが、当院の「遠絡療法」も患者様から【好評】頂いております。

変形性膝関節症の一般的な治療

電気治療

痛み止めの効果や血行を促進させて痛みの軽減が図れます。

そして膝周辺の筋肉に溜まっている乳酸などの疼痛物質の蓄積を改善させます。筋力低下を予防する効果や筋力増強効果もあります。

温熱

血液循環作用があり痛みを軽減させる効果があります。

筋トレ

変形性膝関節症では、膝に近い太ももの筋肉を鍛え、筋肉量を多くして自前のサポーターを付けるようなものです。

筋肉がしっかりしていると、膝関節を安定させて膝軟骨の摩擦を抑えることが出来ます。

マッサージ

膝周り特に太もものマッサージにより、血行を促進させこわばった筋肉が柔らかくなり、膝が曲げ伸ばししやすくなります。

また、筋肉には衝撃緩衝作用がありますので、筋肉を柔らかくすることで、歩行時や荷重時の地面からの膝軟骨に掛かる衝撃が緩和され痛みの軽減を図ります。

サポーター

膝関節を安定させ膝関節のぐらつきを少なくさせます。

サポーターを巻くとぶつけた個所をさすると何となく痛みが軽くなるのと同じ原理で、痛み刺激を軽くする効果があります。

保温効果もあります。冷えは痛みを感じやすくなります。

足底板

変形性膝関節症の場合、靴底にインソール(足底版)を入れます。
О脚を矯正し膝の内側への荷重圧を外側へ逃がし、膝内側の軟骨負担を軽減させます。

湿布・軟膏

非ステロイド性抗炎症剤

痛み止め

非ステロイド性抗炎症剤やCOX-2選択的阻害薬を服用します。
長期の服用では、胃腸障害・腎障害・心血管障害・肝臓障害の副作用が出る場合もあるとの事です。

グルコサミンとコンドロイチンのサプリメント

膝軟骨はプリテオグリカンという物質が主成分であり、このプリテオグリカンの材料を補う物質としてグルコサミンとコンドロイチンがあります。

グルコサミン:膝軟骨のプロテオグリカンのもとになる物質とされています。
コンドロイチン:プロテオグリカンのもとになる成分のひとつとされています。

グルコサミンとコンドロイチン等の膝軟骨の成分をサプリメントで摂取する事により、膝軟骨を再生させようとするものです。

ヒアルロン酸注射

いわゆる潤滑液のようなものです。

膝の関節を栄養する成分のヒアルロン酸を注射することで、変形性膝関節症の炎症を抑え、軟骨に栄養を与え一時的にざらついた軟骨がコーテイングされるので、膝が動かしやすくなります。

注射した成分が体に吸収されるまでの2日間位は、変形性膝関節症の痛みを軽減させることができます。

ステロイド注射

痛みを劇的に軽減させることが出来る注射です。
しかし、
軟骨や膝の靭帯にダメージを与えるのが考えられるので、医療機関でも滅多にはステロイド注射はしません。

当院では変形性膝関節症以外の膝の痛み「■膝の痛み」「■オスグット(成長痛)・ジャンパー膝」の治療もしております。

膝が痛い女性の写真■膝の痛み



オスグットの症状で膝の前側が痛い成長期の人の写真■オスグット(成長痛)・ジャンパー膝

横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る