• LINEで送る

横浜で【ばね指】の治療をお探しなら

ばね指で親指が痛い写真

横浜の当治療院ではばね指の痛みを抱える患者様のために、患者様ひとりひとりに合わせたばね指の治療を行っております。

痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく
横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

ばね指の横浜西区の治療院でマッサージ治療をしている写真

ばね指は、当院でも一般的な治療をしております。
しかし、一般的な治療をしていても歯切れが悪く症状が改善しないケースがばね指には多々あるのが実際です。
(患部を安静にしていれば、炎症が収まり、ばね指の症状が改善していくのですが、指は安静にする事が出来ませんので、ばね指は治りにくく、困っている方が多いと思われます。)

ばね指の特徴

ばね指で手首が痛くパソコンのキーボードを打つのが痛い女性の写真

簡単に説明すると、ばね指は腱鞘炎が酷くなった症状です。(腱鞘炎については■腱鞘炎をご覧ください。)

親指・中指・薬指に多く発生し通常1本の指ですが、糖尿病やリウマチ患者では複数本の指に起こる事もあります。

日常生活で指・手首は完全に休ませることができない箇所なので、

慢性化しやすくいつまで経っても治らないので厄介です。

ばね指の症状

ばね指が痛くペットボトルのフタを空けるのが痛い女性の写真

・指を曲げる際に音が鳴る
指を曲げたまま痛くて伸ばせない・引っかかる
・曲げるのが痛くて怖い
・包丁が使えない
・ハサミが使えない
・ペットボトルのフタが痛くて開けられない・力が入らない
・キーボードの入力作業で痛む
・雑巾が痛くてしぼれない
など

一般的に「ばね指」の治療は、保存療法で様子をみます。

ばね指の横浜西区の治療院の電気治療の写真

一般的に整形外科でのばね指の治療は、保存療法で様子をみます。

保存療法とは、「消炎鎮痛剤(内服、外用)」と「ステロイド注射」です。
「電気治療」や「マッサージ治療」等も行います。

それでも良くならない・再発をする・仕事や日常生活にいち早く復帰したい方には、腱鞘の「切開手術」を病院で勧められることもあります。

手術自体は、腱鞘の一部(1.5cm位)だけを切開するので小さな傷で済む15分位で終わる簡単な手術です。

ばね指が治らずどうしたらいいか困っている女性の写真

いつまで経っても改善しないばね指の症状では、手術をするのが一番歯切れがいいと思いますが、
「手術となるとハードルが高いし。。。」

「そこまで厄介な治療法ではなく、ばね指の症状を何とかしたい!」
これが、「患者様の望むところ、本音」ではないのでしょうか?

当院でも「ばね指」の症状は、電気治療やマッサージを施して良くなる事もありますが、症状が改善しないケースが多々あるのが実際です。

※※他の治療院で保存的にばね指の治療ているにも関わらず、中々症状が改善しない・なんとかしたい方は、「遠絡(えんらく)療法」が【好評】頂いております。

遠絡(えんらく)療法という特殊な治療法で、当院では症状の改善を図っております。

【ご好評】を頂いている頑固な ばね指 の治療法‼

●湿布・内服薬・ステロイド注射をしているがよくならない
●手術を勧められている
●色々治療を試しているがあまり変化がない

ばね指の遠絡(えんらく)療法の治療写真

数か月他の治療院で投薬・電気治療・マッサージ治療を試みているが、

慢性的に痛みが引かない頑固なばね指は、
東洋医学の考えをベースにした特殊な治療法「遠絡(えんらく)療法」が好評頂いております。(自費治療となります)

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる「特殊な新しい治療法」です。遠絡(えんらく)療法について詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

ばね指の治療で遠絡(えんらく)療法の効果のイメージ写真

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが

「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。頑固な治りが悪いばね指の方にはお勧めです。

ばね指は「腰髄や胸髄の炎症」が原因!

「腰髄?」「胸髄?」が原因と言われると驚かれると思います。

ばね指の症状は、一般的には、指の使い過ぎが原因と言われています。

ばね指になりやすい美容師のハサミを使う写真

手と指の使い過ぎが「腱」と「腱鞘」に摩擦を生じ炎症を起こし痛みが出ます。

美容師・ヘルパー・パソコン入力作業の繰り返しの反復動作や育児中の女性、働き者に多く発症します。

腱鞘炎は、ゴルフ等のスポーツの際に痛める事はありますが、決して力仕事をする人だけになる訳ではありません。

つまり動かし過ぎて「腱鞘」に炎症が出て、手首や指が痛みます。

しかし、
当院のこの特殊な遠絡(えんらく)療法では、
指の使い過ぎが原因ではなく脊髄神経の「胸」や「腰」の部分の炎症が原因

と考えます。

脊髄のイラスト

背骨の中に脊髄神経という神経が通っています。脳からの延長のものです。

プロレス好きでない方でも、
「延髄切り」って聞いたことがあると思います。

脳の後頭部の「延髄」という部分から繋がっています。

長さは「40~50cm位」太さは「約1~1.5cm」ある神経です。

脊髄の障害によりばね指が発生するイラスト

そして、
胸の部分のこの神経を「胸髄」といいます。
腰の部分のこの神経は「腰髄」といいます。

驚かれると思いますが、
ばね指の治療は、
ばね指は一切触らずに
治療をしていきます。

この「胸髄」と「腰髄」をターゲットにして治療をします。
と言っても、背中や腰を揉んだりマッサージする訳ではありません

胸と腰なのですが、
「胸骨の部分」と「お臍周辺」に「レーザー」を当てて、
胸髄と腰髄の炎症を引かせます。

そして更に治療効果を高める為に、
「手」や「腕」や「足」や「太もも」に押し棒で刺激を加えます。

そうすることで、先ほど述べた「生体の流れの異常」が改善し、
ばね指の「血液やリンパ」の流れが改善し、
「免疫力」が高まり、
炎症が収まっていき、
ばね指の症状の軽減が図れます。

遠絡(えんらく)療法について詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

一般論として「腱」と「腱鞘」とは?

腱鞘炎の原因の前腕の筋肉が収縮しているイラスト

指がなぜ曲がるのか?をまず初めに説明します。

前腕(肘から手首まで)の筋肉が、収縮(力を入れる)すると指が曲がり握り拳が出来ます。

前腕の筋肉だけに限らず、体の筋肉は力を入れると収縮します。

イラストで左側は力を抜いており、右側は筋肉が収縮して太く短くなっている状態です。

ギュッと握り拳を作ってみて下さい。

(腱鞘炎の人は痛いので、歯を噛んでみて下さい。顎の横側が硬くなりませんか?)

前腕の筋肉が硬くなるのを確認出来ると思います。

これは前腕の筋肉が収縮(短縮)するからです。

筋肉は骨に付いています。

そして筋肉が収縮(短縮)することで骨に力を伝え、骨が動き関節を曲げたり伸ばせたりします。

グーパーが出来るのは、グーは前腕の手の平側の筋肉が収縮(短縮)します。

パーは前腕の手の甲側の筋肉が収縮(短縮)することでパーが出来ます。

腱鞘炎の原因の腱

筋肉は骨に付いていますが、ダイレクトに筋肉が骨に付くのではなく「腱」という少し硬い組織に変わり骨に付いています。

(アキレス腱は皆さんご存知ですが、ふくらはぎの筋肉がアキレス腱に変わり踵に付いています。

ふくらはぎが収縮することで腱に収縮力が伝わり地面を蹴って歩く事が出来ます)

ここでやっと「腱」が出てきました。

もう一度言います。筋肉は「腱」になり骨に付きます。

そしてこの「腱」は「腱鞘というトンネル」の中を滑るので、過度の曲げ伸ばしを繰り返すと「腱」と「トンネル(腱鞘)」が摩擦を起こし炎症が出て、腱が太くなりトンネル(腱鞘)を通りずらくなり、曲げ伸ばしの際に引っ掛かるばね指の症状が出ます。

当院ではばね指以外の「■腱鞘炎(手首の痛み)」「■テニス肘・ゴルフ肘」「■少年期野球肘」「■小児の肘が抜けた」の治療もしております。

腱鞘炎で手首が痛い女性■腱鞘炎(手首の痛み)


肘が痛い男性の写真■日常生活やテニス・ゴルフなどの肘の痛み

■少年期野球肘


小児の肘が抜けて痛がる子供■小児の肘が抜けた


横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る