• LINEで送る

横浜で【踵・足底腱膜炎の治療】をお探しなら

踵が痛い男性の写真

当院では踵・足裏の痛みを抱える横浜市内の患者様のために、患者様ひとりひとりに合わせた治療を行っております。
痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

横浜の当院では、健康保険を使っての治療の他に
・中々症状が軽減しない
・なんとかしたい踵の痛み・足裏の痛み には
「遠絡(えんらく)療法」という特殊な治療法を用い症状の軽減を図っており【ご好評】頂いております!(遠絡療法は健康保険適応ではありません)完全予約制・自費治療となります。

ご希望であれば、お申し出下さいませ。

【ご好評】頂いている踵の痛みの最新治療法‼

踵のレントゲン写真を持っている医師の写真

●レントゲンで骨棘(骨の棘(とげ))が原因と言われた

●色々治療を試した長年の踵の痛み

●病院で注射しても踵の痛みが変わらない

遠絡(えんらく)療法で踵が痛い女性を治療している写真

長年続く頑固な踵の痛みを抱え、

病院や他の治療院で痛み止めや牽引や電気治療・マッサージ治療であまり効果が無かった方には

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法の「遠絡(えんらく)療法」が好評頂いております。

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい治療法です。

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

踵・足裏が痛い人の遠絡(えんらく)療法での治療効果のイメージ

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが

瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

遠絡(えんらく)療法について興味のある方は詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

当院の踵の痛みの治療方法

横浜西区保土ヶ谷区神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の踵痛、足裏の電気治療の写真

痛む原因は、
足裏の足底筋膜(土踏まずの筋肉)が踵の骨に付く所でこの筋肉が硬くなり踵の骨を引っ張ってしまい炎症を起こします。

痛む場所は、
踵の底面や土踏まずが痛む。

時に「朝歩き始め」「長時間座っていた後の歩き始め」が特に強く、歩行するにしたがい痛みが軽快する。

症状が重くなると、
「軽快するまでの時間が長くなる」といった症状です。

踵・足裏が痛いレントゲン写真

病院でレントゲン写真を撮ると、

踵の骨に「棘(とげ)」が出来てしまっている場合もあります。

これは前述した足底筋膜(土踏まずの筋肉)が硬くなり、踵の骨を引っ張ってしまい棘(とげ)が出来てしまいます。

しかし「骨棘と痛みは関連しない事」が多いです。

治療は、
足底筋膜(土踏まずの筋肉)すなわち「足裏のマッサージをして柔らかくしてあげる」のが効果的です。

また「ふくらはぎの筋肉」も足底筋膜の硬さに影響しますのでこの筋肉も柔らかくするのが更に効果的です。

踵・足裏に炎症がある場合は、
炎症を引かせるアイシング・電気治療やテーピング処置が有効です。

横浜西区保土ヶ谷区神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の踵痛、足裏のマッサージ治療の写真

炎症が無い場合は、
温熱治療・筋肉を柔らかくする電気治療・ストレッチ・マッサージが有効です。

横浜西区保土ヶ谷区神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の踵痛、足裏の骨盤矯正の写真

全身の姿勢の悪さ(猫背、反り腰)から下半身の筋肉に負担が掛かり、

最終的に踵に痛みが出る場合があります。

この際はふくらはぎや足裏だけのマッサージではなく

全身のバランスを改善する為に骨盤の強制が必要です。

足裏の機能について

動物の足裏の偏平足の写真

ヒトと動物を分けるのは足裏。土踏まずがあるかどうかです。

動物の足には土踏まずはありません。

4本足から2足歩行が可能になったのも土踏まずのアーチができて衝撃を吸収できるようになったからと言われています。

アーチ橋の写真

足裏は体重、負担が掛かる部分であり、土踏まずのアーチがクッションの役割をしています。

ちょうど眼鏡橋の感じです。

足裏の他にも体にはアーチがあります。

背骨も横から見たときに緩やかなカーブ(アーチ)があり衝撃を吸収しています。

猫背や妊婦さんに多い反り腰はこのアーチ(カーブ)が崩れ負担がかかり肩こりや腰痛へとつながります。

足裏のアーチ(土踏まず)は気にする機会が少ないですが、

衝撃吸収のクッションとして体にとって大切な部分となり、

体重が常に掛かってくる箇所なので硬くなり易くクッションとしての機能低下が起こりやすく痛みがでます。

当院では踵痛・足底筋膜炎以外の症状も治療しています。「■こんな症状の方」をご覧下さい。

■こんな症状の方


横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る