• LINEで送る

横浜で【手首・腱鞘炎】の治療をお探しなら

腱鞘炎で手首が痛い女性

横浜の当治療院では腱鞘炎・手首が痛い患者様のために、ひとりひとりに合わせた腱鞘炎の治療を行っております。

痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく
横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

腱鞘炎の治療を遠絡(えんらく)療法で治療している写真

当院では、健康保険での手首・腱鞘炎治療の他に
・他の治療院で手首・腱鞘炎の治療をしているが、中々症状が軽減しない
・なんとかしたい手首・腱鞘炎の痛み には
特殊な「遠絡(えんらく)療法」という自費治療が【ご好評】頂いております!(遠絡療法は健康保険適応ではありません。)

ご希望であれば、お申し出下さいませ。(完全予約制となります)

腱鞘炎の特徴

腱鞘炎で手首が痛くパソコンのキーボードを打つのが痛い女性の写真

腱鞘炎は手を使う人ならだれでも起こす可能性がある指・手首の痛みです。

親指・中指・薬指に多く発生し通常1本の指ですが、糖尿病やリウマチ患者では複数本の指に起こる事もあります。

日常生活で指・手首は完全に休ませることができない箇所なので、

腱鞘炎は慢性化しやすく厄介です。

腱鞘炎の症状

●押すと痛い・動かすと痛い・力を入れると痛い・激痛

●関節動かすと音が鳴る・動かしづらい・引っかかる

●指を曲げたまま痛くて伸ばせない

など、初めは違和感だったものが手首や指の関節の痛み・激痛まで様々です。

腱鞘炎で手首が痛くペットボトルのフタを空けるのが痛い女性の写真 腱鞘炎になりやすいフライパンを持つ写真

具体的な生活動作として、
「ペットボトルのフタが痛くて開けられない・力が入らない」
「キーボードの入力作業で痛む」
「雑巾が痛くてしぼれない」
「ドアノブを回す際に手首・親指が痛い」
「ゴルフクラブを握ると痛い」など。

じっとしていても痛み、腫れが出て痛くて動かせなくなります。

重症になると「ばね指」となり、指を曲げる際に音が鳴ったり引っかかり伸ばせなくなります。ばね指については■ばね指
をご覧ください。

腱鞘炎の手術をしたイメージ写真

仕事や日常生活にいち早く復帰したい方には、腱鞘の切開手術を病院で勧められることもあります。

手術自体は、腱鞘の一部(1.5cm位)だけを切開するので小さな傷で済む簡単な手術なので、手術をすれば簡単に良くなりますが、手術をしないで治せるのなら治したいのが患者様の本音ではないでしょうか?

そして、大元の原因を改善しない限り再発をしたり、
他の指が腱鞘炎になり、複数回腱鞘炎の手術する方もおられます。

腱鞘炎の原因

手と指の使い過ぎが「腱」と「腱鞘」に摩擦を生じ炎症を起こし痛みが出ます。

美容師・ヘルパー・パソコン入力作業の軽微な力での繰り返し反復動作や育児中の女性、働き者に多く発症します。

腱鞘炎は、ゴルフ等のスポーツの際に痛める事はありますが、決して力仕事をする人だけになる訳ではありません。

そもそも「腱」「腱鞘」とは

腱鞘炎の原因の前腕の筋肉が収縮しているイラスト

指がなぜ曲がるのか?をまず初めに説明します。

前腕(肘から手首まで)の筋肉が、収縮(力を入れる)すると指が曲がり握り拳が出来ます。

前腕の筋肉だけに限らず、体の筋肉は力を入れると収縮します。

イラストで左側は力を抜いており、右側は筋肉が収縮して太く短くなっている状態です。

例えば、ギュッと握り拳を作ってみて下さい。(腱鞘炎の人は痛いので、歯を噛んでみて下さい。顎の横側が硬くなりませんか?)

前腕の筋肉が硬くなるのを確認出来ると思います。

これは前腕の筋肉が収縮(短縮)するからです。

筋肉は骨に付いています。

そして筋肉が収縮(短縮)することで骨に力を伝え、骨が動き関節を曲げたり伸ばせたりします。

グーパーが出来るのは、グーは前腕の手の平側の筋肉が収縮(短縮)します。

パーは前腕の手の甲側の筋肉が収縮(短縮)することでパーが出来ます。

腱鞘炎の原因の腱

筋肉は骨に付いていますが、ダイレクトに筋肉が骨に付くのではなく「腱」という少し硬い組織に変わり骨に付いています。

(アキレス腱は皆さんご存知ですが、ふくらはぎの筋肉がアキレス腱に変わり踵に付いています。

ふくらはぎが収縮することで腱に収縮力が伝わり地面を蹴って歩く事が出来ます)

ここでやっと「腱」が出てきました。

もう一度言います。筋肉は「腱」になり骨に付きます。

そしてこの「腱」は「腱鞘というトンネル」の中を滑るので、

過度の曲げ伸ばしを繰り返すと「腱」と「トンネル(腱鞘)」が摩擦を起こし炎症が出て、

腱鞘炎の痛みが出ます!

※ただし「腱」と「筋肉」が柔らかければ、

この「腱鞘」の摩擦が少なくなり、炎症が出ずに痛みません!

治療のポイントはここにあります。

当院の腱鞘炎の治療法

腱鞘炎のマッサージ治療

腱鞘炎は指・手首の痛みですが、前腕(肘から手首まで)の筋肉が指と手首に繋がっているので、

前腕の筋肉を柔らかくすることで腱に掛かる負担が下がり、

患部の負担が軽減され痛みが軽くなります。

腱鞘炎の横浜西区の治療院の電気治療の写真

指・手首に炎症がある場合は、
炎症を引かせる特殊な電気治療とアイシングを施し炎症を抑えます。

筋肉の負担を減らす為に、テーピングが有効です。

炎症が強ければ、固定処置を数日間する場合もあります。

横浜西区の治療院の腱鞘炎のストレッチ治療の写真

炎症が無い場合は、
前腕(肘から手首まで)の筋肉の柔軟性を出す為に、温熱治療・電気治療・マッサージ・ストレッチを施します。

腱鞘炎のサポーター良いですが、前腕の筋肉を柔らかくすることが治療の基本となります。

【ご好評】頂いている頑固な腱鞘炎の治療法‼

●湿布・固定・ステロイド注射をしているがよくならない
●手術を勧められている
●色々治療を試しているがあまり変化がない

手首・腱鞘炎の遠絡(えんらく)療法の治療写真

数か月他の治療院で投薬・電気治療・マッサージ治療を試みているが、

慢性的に痛みが引かない頑固な手首の痛み・腱鞘炎は、

東洋医学の考えをベースにした特殊な治療法「遠絡(えんらく)療法」が好評頂いております。(自費治療となります)

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる「特殊な新しい治療法」です。遠絡(えんらく)療法について興味のある方は、詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが、

「瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。頑固な治りが悪い腱鞘炎の方にはお勧めです。

当院では腱鞘炎以外の「■ばね指」「■テニス肘・ゴルフ肘」「■少年期野球肘」「■小児の肘が抜けた」の治療もしております。

ばね指で親指が痛い写真 ■ばね指・指が引っ掛かる


肘が痛い男性の写真■日常生活やテニス・ゴルフなどの肘の痛み

■少年期野球肘


小児の肘が抜けて痛がる子供■小児の肘が抜けた


横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る