• LINEで送る

横浜で【腸脛靭帯炎】の治療をお探しなら

腸脛靭帯炎で脚が痛いランナー

当院は腸脛靭帯(太ももの外側)に痛みを抱える横浜市内の患者様のために、

患者様ひとりひとりに合わせた治療を行っております。

痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄は横浜駅西口から横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

腸脛靭帯炎の膝や太もも外側が痛い部分のイラスト写真

腸脛靭帯炎の痛みは、膝の外側やお尻の外側の出っ張った骨の部分に痛みが出ます。

マラソンなどの長距離ランナー・自転車・水泳・エアロビ・バスケなどのスポーツをやっている方に多く、

太ももの外側の靭帯(スジ)が膝と股関節の曲げ伸ばしを繰り返しているうちにこすれて炎症を持ち痛みます。

腸脛靭帯炎の内的要因は

使いすぎ・柔軟性の欠如・ストレッチ不足・筋持久力の低下・内股・O脚などです。

外的要因は、硬い床・地面です。

症状が軽いものでは、

運動開始時に痛みますが運動中は痛みが軽減し、運動後に痛みが発生しますが運動後暫くすると痛みは引いていきます。

重症になると、

運動中に段々と痛くなり、運動後も痛みが引かず日常の歩行・階段などが困難になってきます。

当院の腸脛靭帯炎の治療方法

横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院での腸脛靭帯炎の太もものマッサージ治療の写真

腸脛靭帯炎は、治療と同時に一旦運動量を減らすと比較的良くなっていきます。

炎症がある場合は、

炎症を抑える電気治療・アイシングを施します。

炎症が落ち着いたら、

温熱療法・電気治療・お尻と太ももの外側のマッサージ・ストレッチを行っていきます。

スポーツ復帰は、

運動前後の入念なストレッチ・運動後のアイシング・体幹の筋力強化が必要ですので指導をしていきます。

体幹と臀筋が無いと上体が左右にぶれ腸脛靭帯に炎症が出やすくなります。

当院では腸脛靭帯炎以外の治療もしております。「■こんな症状の方」をご覧下さい。

■こんな症状の方


横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る