• LINEで送る

【頭痛・片頭痛】治療を横浜でお探しなら

片頭痛が痛い女性の写真

頭痛・片頭痛のお悩みを抱える患者様のために、横浜の当治療院ではひとりひとりに合わせた頭痛治療を行っております。

痛みの感じ方、痛みが出た時の状況によって、適切な治療を行います。

最寄駅は横浜駅西口。
横浜市営地下鉄9番出口から道なりの距離は855m。

徒歩で約15分。

環状一号線から新横浜通りに入ってすぐの立地にありますので、
横浜西区・保土ヶ谷区・神奈川区だけでなく横浜市全域からアクセスしやすい環境です。

当院では頭痛に対して施術しております。日常よく見られる頭痛は以下のものがあります。

「緊張性頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛

血行不良により筋肉が硬くなり頭痛が出ますので、

電気治療やマッサージ治療で首や肩の筋肉を柔らかくし、血行促進させ柔軟性を出していくのが基本治療となります。

首・肩に炎症がある場合は、

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの当整骨院の頭痛の電気治療の写真

炎症を引かせる電気治療・アイシングやテーピング処置をします。

肩・首に炎症が無い場合は、

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの当整骨院の頭痛治療のマッサージの写真横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの当整骨院の頭痛・肩こりのマッサージ治療の写真

後頭部から首、肩、背中の筋肉・関節の硬さから頭痛が出ますので、温熱治療・筋肉・電気治療・マッサージ・ストレッチを施します。

首肩周りの後頭部周辺の筋肉のマッサージを中心に頭痛を解消していきます。

横浜西区、保土ヶ谷区、神奈川区近くの当整骨院の頭痛治療の骨盤矯正の写真

頭痛を抱えている方は腰痛を持っている事が多く、骨盤の歪みからくる場合がありますので「骨盤の矯正」も加える場合もあります。

当院の骨盤矯正はソフトな力で行いますのでご安心下さい。決して強い力でバキバキする治療ではありません。

頭痛薬の写真

頭痛外来に長年掛かっているにも関わらず症状が改善しない頑固な頭痛や薬の量を減らしたいのであれば、

上記治療法とは別に、遠絡(えんらく)療法という特殊な治療法で、当院では痛みの軽減を図っております。(遠絡療法は健康保険適応ではありません。自費治療となります

ご希望であれば、お申し出下さいませ。(完全予約制となります)

【ご好評】を頂いている頑固な頭痛・片頭痛の治療法‼

●長年の頭痛・片頭痛・肩こり

●色々治療を試しているが頭痛・片頭痛・肩こりがすっきりしない

頭痛薬を手放せない

頭痛外来に通っている

●病院で筋緊張性頭痛片頭痛・群発性頭痛と診断された
など

頭痛の遠絡(えんらく)療法の押し棒治療写真 頭痛の遠絡(えんらく)療法のレーザー治療写真

長年続く頑固な「片頭痛」「筋緊張性頭痛」「群発性頭痛」を抱え、

病院や他の治療院で痛み止めや牽引や電気治療・マッサージ治療であまり効果が無かった方には、

東洋医学の考えをベースにした最新の治療法の「遠絡(えんらく)療法」が好評頂いております。(自費治療となります)

遠絡(えんらく)療法は、今までの西洋医学では治りにくい疾患・症状に対しての治療を目指しており、

どこへ治療に行っても良くならない症状を改善させる新しい特殊な治療法です。

鍼を刺したり灸をする訳ではありませんので、ご安心下さい。

腰痛治療に効果的な遠絡(えんらく)療法の治療イメージ

東洋医学でいう「生体の流れの異常」を整える治療です。

この遠絡(えんらく)療法を行っている病院・施設はまだ少なく馴染みがありませんが

瞬間消失」と宣言し、柯尚志(こう しょうし)医師により研究・開発されました。

症状のある局所を治療するのではなく「痛みを出している大元の原因」にアプローチしていく治療法です。

遠絡(えんらく)療法について詳しくは■遠絡(えんらく)療法とはをご覧下さい。

筋緊張性頭痛

同一姿勢での運転やパソコン作業をしていると「首から肩の筋肉が緊張」し「毛細血管」を締め付け「血行循環障害」がおこり、「疲労物質」が蓄積して頭痛を感じます。

朝起きた時に頭痛がある女性の写真

また朝起きて首肩周りがスッキリしない人は、

就寝時に寝具が合わず横になっているにも関わらず筋肉を休ませることが出来ず、血行循環障害が生じています。

筋肉が硬くなり締め付けて頭痛が発生します。肩こりや首こりを伴っている方が大半です。

頭蓋骨(頭)の表面の筋肉や肩から首に掛けての筋肉が硬くなるのが原因です。

レントゲン写真を見て頭痛の原因が分からない医師の写真

病院で画像検査をしても、頭には異常ないと言われるパターンです。

筋肉が硬くなる原因は、「長時間の同一姿勢」と「精神的ストレス」。

この両方の場合もあります。

精神的肉体的ストレスが掛かっている女性のイラスト

精神的・肉体的ストレスにより肩から首の筋肉が硬くなって血行不良になります。

そうすると筋肉が硬くなり頭痛が起こります。これを「筋緊張性頭痛」といいます。

精神的ストレスが掛かると血管が収縮し筋肉が血行不良になります。

肉体的ストレスとは、長時間の同一姿勢で首から肩、肩甲骨周りの筋肉に負担が掛かり筋肉が硬くなります。

そして筋肉が硬くなると筋肉内の毛細血管が圧迫され更に筋肉が硬くなる悪循環となります。

肉体的に負担をかけていないと思っていませんか?

ボーリングの球の写真

重いものを持ったりしていなくてもかなり筋肉に負担をかけています。

首から肩は頭と両腕を常に支えていますので案外筋肉に負担がかかっているのです。

頭の重さはボーリングの玉くらいあります。片腕は3キロ。頭と両腕で約10キロ位あるのです。10キロですよ!

10キロを背負っているので筋肉はどうしても凝ります。肩こりがあるのは正常なのです。

頭痛が改善したイメージ

精神的ストレスはそう簡単には取り除くのは難しいと思います。

ストレス解消しましょうと言われても分かっているけど解消できれば苦労しないですよね。

しかし肉体的ストレスは本人の努力次第で解消可能です。肉体的ストレスだけでも解消していければと思います。

筋緊張性頭痛の解消のポイントは2つ

①負担をできるだけ掛けないようにする。

一般的にいわれる「良い姿勢」でいることが大切です。

頭痛改善の正しい座り方をしているイメージ図

スポーツではフォームが悪いと直さなければと思いますが、普段の姿勢に関してその意識が少ないです。

また、姿勢は今までのくせなのでそう簡単には変えれませんが少しずつ日常生活の中で良い姿勢でいる時間を作ってみて下さい。

普段の姿勢とは「座る姿勢」「立っている時の姿勢」「歩き方」です。

座る姿勢では、「椅子と机の高さ」「パソコンのモニターの高さ」を変える必要があります。

立つ姿勢では、「靴」の影響が大きいです。

寝る際の姿勢は、「寝具」が影響します。寝具の硬さ、枕の高さが重要です。

②負担が掛かり硬くなった筋肉を柔らかくしてあげる

血行をよくすると筋肉は柔らかくなります。「ストレッチ」や「体操」と「入浴」をお勧めすます。

①と②を両方するのが理想です。

ポイントは3点です。

普段の姿勢をよくする
肩こり・頭痛になり易い姿勢のイラスト 肩こりになる立ち方のイラスト 肩こりになり易い椅子の高さ、机の高さのイラスト

良い姿勢は首・肩の負担を少なくしますので、筋肉や関節が硬くなりにくくなります。

普段の姿勢とは座り方だけではありません。立ち方、歩き方、寝方も含みます。

パソコンのモニターの高さ、机、椅子の高さ、靴、寝具、枕も合ったものが良いです。

ストレッチ、体操をこまめにする

ストレッチ、体操は週1回の体操教室やヨガでは足りません。毎日、低回数でいいので高頻度するのがポイントです。

肩こり・頭痛解消の為の入浴の写真
毎晩入浴して温まる

硬くなった筋肉や関節を柔らかくするために入浴も大切です。40℃位のぬるま湯で長時間(20分間位)温まると血管が広がり血行が良くなります。

■横浜西区の当院では【肩こり】の症状の治療も行っています。■頑固な肩こりにはまだ馴染みが少ないですが特殊な【遠絡(えんらく)療法】がご好評頂いております。

片頭痛とは

片頭痛の女性の写真

頭の血管が広がる事で血管周りの神経を刺激して片頭痛が発生します。

こめかみ周辺のズキズキとした拍動性の頭痛が特徴的です。吐き気を伴う事もあります。

片側だけでなく両側にも生じます。

天気が悪くなる、台風が接近するといった気圧の変化や女性ホルモンの分泌量が影響して片頭痛が起こると考えられています。

頭痛をを軽減させるコーヒー

片頭痛の原因は、セロトニンという物質が少なくなってしまうことで発生します。

解消法としては食事・休養を見直し、片頭痛が生じた際は冷やす、暗い部屋で安静・横になる、コーヒーを飲んでみて下さい。

頭痛で吐き気がする女性の写真

・片方または両側のこめかみから頭の横が痛い

・ズキズキと脈を打つ痛みから激痛

・数時間から4、5日間続く

・頻度は週1回から月に1、2回と定期的に頭痛が発生する

・吐き気がある

・光と音に過敏になる

辛くて寝込んでしまうこともあります。このような頭痛がある場合は片頭痛の疑いがあります。

病院で検査をしても確定できる訳ではなく症状から判断していく場合が多いです。

脳のMRI画像

定期的に頭痛が発生するが、暫くすると落ち着くので片頭痛は市販の頭痛薬等で長年放置している人が多いと思います。

「くも膜下血腫」や「脳腫瘍」といった重篤な脳の病気を完全に否定できませんので、一度病院で検査をしてみる方が良いです。

偏頭痛の原因

血管が収縮した状態からの急激な拡張により血管に炎症が生じるのが原因と言われています。

片頭痛の原因のセロトニンのイメージ写真

ストレスがあると血小板からセロトニンというが作られます。このセロトニンは血管を収縮させる物質です。多かれ少なかれ皆さんストレスを抱えて生活しています。

緊張状態が長く続くとセロトニンが枯渇してしまいます。また週末やストレスから解放された場合もセロトニンの分泌が減少するので血管が拡張します。

この際に血管に炎症が起こり片頭痛が生じると言われています。

セロトニンの分泌量をコントロールできると片頭痛の軽減につながります。

片頭痛改善の生活習慣

肉体的、精神的ストレスを無くす生活が必要となってきます。

残業で寝不足になり頭痛がするサラリーマンのイラスト
ストレス、睡眠不足

ストレスを溜め込まないほうがよいですが、難しいですね。ただストレスを今自分は感じているなと客観的に気づくことは必要と思います。

また普段忙しいと呼吸が浅くなっていますので、深呼吸を時々すると良いです。

睡眠不足もよくありません。残業で夜遅くなってしまうのなら仕方がないと思いますが、自宅でテレビやPCをしているのなら早く寝た方がよいです。

運動不足で頭痛の人が腹筋運動をしている写真
運動不足

適度な運動で汗をかくのはストレス発散になります。

食事、食べ物

ポリフェノールの入った赤ワイン、ブドウ、チョコレートを控えめにする。空腹時は偏頭痛が起こり易いので3食規則的に食べる。

以下の栄養素が入った食べ物を食すと片頭痛に効果があると言われています。

頭痛によいイワシ

マグネシウム(血管の緊張をほぐす作用)
あおさ、青のり、ひじき、ココア、ゴマ、枝豆、きな粉、煮干し、干しえび、いわし、わかめ、しらす干し、あさり、パセリ、納豆、鰹節など。

頭痛に良い生ハム

ビタミンB2(神経の興奮を抑える作用)
レバー、ウナギ、納豆、生卵、さばの水煮、のり など。

ビタミンB6(自律神経を整える作用)
にんにく、まぐろ、レバー、鰹、サーモン、鶏ひき肉、さんま、生ハム、さんま、サバなど。

頭痛によい生ハム

トリプトファン(セロトニンを作る材料となる)
鰹、レバー、たらこ、油揚げ、鶏むね肉、ぶり、さんま、そばなど。

片頭痛の対処法

冷やす
頭痛の男性が頭を氷嚢で冷やしている写真

首の後ろやこめかみの部分を氷嚢に氷を入れて冷やして下さい。氷が無ければ保冷剤でも構いません。

筋緊張性の頭痛の場合はお風呂の浴槽にゆっくりと浸かって首から肩を温めるのがよいです。

暗い部屋で横になる

音や光の刺激で偏頭痛が強くでますので暗い静かな部屋で横になりましょう。

カフェイン

コーヒーや緑茶のカフェインは片頭痛の痛みを軽減してくれると言われています。

■横浜西区の当院では【肩こり】の症状の治療も行っています。■頑固な肩こりにはまだ馴染みが少ないですが特殊な【遠絡(えんらく)療法】が【ご好評】頂いております。

群発頭痛

群発頭痛で頭が痛い男性の写真

目がえぐられるような激しい痛みがあります。体内時計が関係しているのではないかともいわれています。

病院へすぐに行くべき頭痛

クモ膜下出血や脳腫瘍が原因で激しい頭痛の男性の写真

何らかの病気が原因で起きる頭痛のことです。

二日酔いなどアルコールが原因で起こる頭痛もあれば、クモ膜下出血や脳腫瘍といった命の危険につながるものもあります。

これまで経験したことのないような強い頭痛が突然現れたり、手足の麻痺やしびれ・痙攣、激しい嘔吐、高熱などを伴う場合などは、すぐに病院を受診して下さい。

当院では頭痛以外の症状「■肩こり」「■寝違え」「■四十肩・五十肩」「■むちうち」も治療しています。

頭痛・肩こりで肩が痛い女性の写真■肩こり



寝違えて頸が痛い女性■寝違えた・首が回らない・首を動かすと痛い

四十肩、五十肩で肩が痛い男性の写真■四十肩・五十肩・肩が上がらない・上げると痛い

■バイク事故での打撲・むちうち・捻挫

横浜西区保土ヶ谷神奈川区近くの宮谷小交差点前整骨院の窓口で治療費の料金を支払う写真■料金表へ



横浜の整骨院のアクセスを調べている写真■受付時間・アクセスへ


■宮谷小交差点前せいこついんTOPへ戻る

@肩こり